Romanticism

バンギャと若手俳優追っかけと二足のわらじ

夏の恒例行事

ギャなら人生必ず一度は行ってるであろう夏の大型対盤に行ってきた。そもそも俳優関連の比率が高いここで、所謂ギャはいるのかという話ではあるし、ギャ主張していてもそもそも箱に通ってるような人を見かけないので伝わるのか謎である。

いや、やっぱり楽しかった。上がりかけであろうとギャを続けてて良かった。学生時代は毎年行ってたのに、社会人になってからは首都圏離れて全然行けなくて、ちょっとご無沙汰だったけど、主催イベンターが変わっても想像以上に楽しめた。これがあると夏だなーって。
某箱に行くと必ず柵を仕切る羽目になるんだけど、今年の定番なの?今回も無駄に早番で、とりあえず友人と整理。昔は一番大きい箱はメジャー盤か4桁動員のバンドのみだったけど、界隈の衰退に伴って時代は変わったね。とりあえず大きい箱にいたら時間つぶせたけど、今回は大きい箱では1バンドしか見ず、あとは階段登り降りし続けた。

例年の如く7,8バンドで限界で梯子酒。目当てだったドマイナー2盤以外も懐かしかったり、掘り出しがあって良かった。目当ては、地方年勤務時代にちょこちょこのぞいててボーカルに捕まって最前引きずり込まれた某関西盤と、年始にOAで見た去年結成の某キラキラ盤。最近のキラキラって咲かないのね。びっくり。某事務所関連と元祖お洒落系と関西暴れ盤とキラキラのプロトタイプ盤をいくつか結構な回数見てるけど、割と咲いてた。というか今も咲いてる。逆にめっちゃ踊るし、躍らせる系だった。

あとめちゃくちゃ面白いネタ盤と出会った。サークルモッシュとか地方でドマイナー行ってたぶりだよね。そこまで混んでなかったけど入場規制かけてたって知って、あの暴れ具合だとキャパMAXだと動けないからナイス判断だったと思う。間の取り方が最高だった。間違いなく若くない、あのボーカル。暴れたのもあってめっちゃいい汗かいた。楽し過ぎたからたまに通う。私以上に友人がツボったらしく、次はワンマンに乗り込む予定。わかる、楽し過ぎたもん。いやはや夏だね、ライブだ!!!