Romanticizm’s Diary

バンギャと若手俳優追っかけと二足のわらじ

はじめに

本ブログをご覧いただきありがとうございます。

趣味や関心のあることを好き勝手語るために開設しました。お化粧バンドの音楽、舞台、俳優関連などが多くなるかと。語りの具体的な対象については、ある程度の秘匿性を保っていければと考えています。たまにわかりやすいこともあると思いますが、それも含めて想像していただければ。

 

■書き手

 

まいこ

東京出身 20代会社員

2017年9月まで 仕事で東海、近畿で各複数年勤務

2017年10月より 転職で首都圏在住に戻った

学生時代からバンギャル、そして若手俳優の追っかけ。地方から通うことになってた数年間は、重心がどのジャンルにあるか不明だった。

新卒で入ったみんな知ってる日系メーカーから、世界がみんな知ってる日系メーカーに転職。ぶれず大企業病。前職では趣味があるからという裏の理由で海外駐在を断っていたら、毎月海外出張に行かされていた。現職は上司が外国人。アジアが好き。

 

■語りの対象

 V系バンド

基本的には下手麺が好き。

好きな箱は、高田馬場AREAとO-EAST

キャリアの長いバンドと、昔好きだったり通っていて活休していたバンドが相次いで復活しているここ最近。定期的に通ってるのが数バンド。今旬のバンドには全然明るくないけど、突然ドマイナーの対盤にふらっと行ってみたりする。

ネオヴィジュアル系という言葉がメディアに創出され(そして一瞬で消え)る少し前から、その界隈に片足を突っ込み始めて、既に干支が1周以上まわった、らしい。ギターソロが咲きの変形ではなくて、キラキラの時代から。

いわゆるところのおバンギャ。若くないので、後方でお酒を飲んでからじゃないとエンジンがかからない。そして終わってからも飲む。ひたすら飲む。ライブに行くために飲むの?飲むためにライブに行くの?

あとライブの時に某事務所の社長を見つけるのが得意。

 

若手俳優 

romanticizm.hatenablog.com

おっかけてるタメの若手俳優がひとり。出てない作品もたまーに観に行ったりするけど、掛け持ちなし。

ラケット持って歌って踊る1stでデビュー。でもほぼ試合はしてない。大手事務所所属で映画にも出るけど、仕事は比較的舞台が中心。今もそこそこの頻度で仕事してるから安心。

通い始めてもう9年経った(2018年1月現在)。出演舞台はよほどの理由がなければ、3回は観に行くようにしてる。昔かなりの頻度で舞台やイベントに通ってたから、ありがたくないことに出欠確認される程度には認知。ファンサ取りに行かなくてもしに来たりする。得意じゃないくせに。

「推し」という言葉をじぶんじしんがその人に対して使うことに違和感があるから、何と表現するか悩んでいる。

 

◼︎お題箱

まいこへのお題箱

設置してみました。気軽にぽいっと投げてください。

 ※随時加筆編集します(最終更新日:2017.11.5)

近そうでまだ遠い

普段行かないような劇場で舞台を観てきた。
面白かった。俳優某くんの限らず、最近どうも観た後によくよく作品全体を振り返ると、「ううーん?」と思う印象の舞台が続いていて。手紙を書くにも全然頭の中がまとまらないし、無理に書くものでもないと思ってちょっとお休みしたり、観劇すること自体が修行みたいになっていたりもしたんだけど、今回は作品も本人の演技も楽しめた。部分的に「良かった」ところを挙げるのは、包括的に「良くなかった」ときによくやるんだけれど、「面白かった」は全体が良くないと使うのを憚られるので。

若手俳優同士のどんぐりの背比べじゃなくて、強みを生かしながら、多少なりとも若手として存在感を残せるような役でほっとした。色んなバックグラウンドのベテランたちが出演されている作品で、この面子なら流石に端役で仕方ないと思っていたんだけれど、ありがたいことにそんなことなかった。他の演者ファンの方(というかピンポイントでヅカ界隈からいらしてらっしゃるお姉様方)に「○○役、いかがでしたか?!」と客観的評価を聞きに絡んでみたくなるくらいには板の上にいた。得意分野を発揮しながら、周りの環境から新しいものを吸収出来そうでなんと羨ましい状況なんだと。

状況説明をテンポ良く長回ししてるの、本当に好き。幕間の客席絡みも面白かった。「好みの女性のタイプは?」と食い付いて絡んだ奥様は一瞬仕込みかと思ったよね笑 「あまりガツガツしない」女性だそうで。なかなかに良い切り返しである。昔は幕間に素麺売ってたのが、30前になって瓦版を売っているのには笑う。過去とクロスオーバーしながら観てたから、初めてのおつかいの気分。いつの間にか一人でちゃんと仕切れるようになって…。

そして今年はとにかく殺陣続き。役として殺陣のメインどころではないけど、突然煽ってた。作品全体として速い動きではなくて、ある程度のスピードで去なすのがメインの殺陣は新鮮だった。自分の学生時代の経験もあって、舞台作品でもつい速くて派手な動きに感動しがちだけれど、「魅せる」にも色んな間があるんだなあと。これで私が自分のフットワークと反射神経に頼るタイプだというのがバレてしまう笑 クラシックバレエも7,8年と結構な期間やってたけど、突き詰めるとリズム感に劣るタイプ。タメとか苦手。

長い作品だったけれども、ストーリーはシンプルなのに展開のテンポは安定していて、時代モノなのにSEのバリエーションが幅広くて、演者は多いのに個々の役が際立つ作品だった。あ、でもどうして標準語を指摘されないのかと思ってたら、最後に一応ネタばらしがあるんだけど、その設定が唐突で「だからかぁ」じゃなくて、「んんん??!」ってなった。

と、ここまで書いて今更だけど、これドラマでやってたよね???シリーズ通しては見てないけど、私が小学生の頃から大好きなあの女優がヒロインやってたよね?(調べた:そうだった)タイトルちょっと違って、副題見ても全然気付かなかった。あー、すっきり!
面白かったから、次の作品ではちゃんと手紙書けそうだ。無事に停滞期脱出!気合が入って、帰りに伊東屋でセットで売ってないレターセットも買ったし、次の舞台までの間に早く、仕事して!笑 ちなみにブログ記事のタイトルは言わずもがなどりかむさんからお借りした。

まいこのお題箱

 

あとで書きたい話題(書いたら消す)

・地方箱ツアーで色々あった話(新幹線降りた瞬間DL帰りの子たちと新横浜で鉢合わせてBBAには眩しかった…鞭打ちで首が動かないだけ)

・年齢と化粧品の話(↑の直前に地方都市で予定にもなくハイブランドの美容品を100K近く買った話とか近コスメブランドも年齢と合わせて落ち着いた話)

・凱旋迎えたら 某球技舞台の話

執行と異ジャンルオタク

仕事の忙しさと比例して、現実逃避のため休日も朝から全力で遊んだり趣味にもどっぷり。
連休中に観た某球技舞台の東京公演についても思うところを書こうと思いつつ、海外行ったり、目まぐるしく上書きされてるから、それは凱旋まで持ち越す。某盤の箱ツアーも、俳優某くんの舞台も始まっているしわたわた。そこに足を突っ込んだり、これから突っ込む予定もありつつ、今日は関係ないただの日記。

2軒目で夜パフェに引き寄せられ執行された女たちが、夜の新宿三丁目にわらわら集うという超充実した休日を過ごした。同日に執行されていた友人の会社の後輩たちを呼び寄せ初めまして。自己紹介ついでに執行に関する宗派と、自分の2次元と3次元で好みの顔をプレゼンするという遊びがなかなかに楽しかった。

ちなみにわたしは3項目下記通り。
①fryri唯一神(ただし腐もNLも需要可)
②某水泳アニメの赤髪のあの子、そして夏からの新作の宣伝
③俳優某くん、と見せかけハイスペックを含めた2弾撃ち(あえて顔のみに限ると俳優某くんについては純粋に判断できないから逃げ道確保)

色々懐かしみがすごくて、まさに「同じ時を過ごしたやさしさに ありがとう」。前々からオタクは対象じゃなくて気質、という主義主張を掲げていて、畑違いでも基本的に仲良くなれると思っている。対象そのものではなくて、ハマり方とか切り口を聞くのが好き。どこが好きなのかとかキラキラしながら話してるの聞くのが好きなんだ。

あと、この日は朝からついでにお台場でやってる某企画展にも行ってきたんだけど、驚くほど賑わってるね!某喫茶店だけ結構な列になってて、便乗するアラサー4人組。子どもたちばかりかと思ったけど、全然そんなことなかった。開催に向けて的なコメントに博物館の館長的な方が「未来ある子どもたちに」みたいなこと書いてたけど、「現実逃避したい某彼の女たち」が押し寄せて申し訳ない。お金は落とすから何卒と思いながらボイスオーディオ借りたよね笑 ちなみにおすすめの楽しみ方はパネルと背比べする遊び。わりと初めの段階でうな重が好きな小学1年生が150センチ超えてるのを皮切りにテンションがおかしくなった。
その勢いなのか友人たちは揃ってキャラモチーフのぱんつを買っていた。グッツ収集癖は10代とともに置いてきたから、あたたかく見守っていた。果たしてそのぱんつが袋から出されることはあるのか。

最近は午前れーじに配信される週刊雑誌の電子版に生かされている。むしろあれのせいで水曜日は寝不足。読んで興奮して寝られなくなる、というサイクルを学習もせず繰り返してる。「本当に怖い人だ」無事に5回目の執行も終えたので、おしなべると週一ペース。100億まであと32億ちょいらしい。ペースを守りつつ、都内最強音響の某映画館にも行く予定。によによ。

対盤と記憶の手繰り寄せ

対盤行ってきた。8バンド中5バンド見て帰ったものの、とても満足。
去年秋に結成したての若い若い某キラキラ盤目当てに行ってきたんだけど、まさかの某ボーカルがソロを始動しててびっくりした。

曲調聞いててこう懐かしさというか、昔のラルク味というか(オブラートの包み方に問題がある)を感じて「んんん~???」ってなってたら、ちょうど10年前に前盤始動してすぐ対盤で友人と「やばい、うける!!!物販行ってあの光るリング買ってこよ!」ってなった麺だった。相変わらずピンポイントな楽曲で圧倒してくる感じ。あと見た目でも変わらない。40前後なのに。

10数年間この界隈にいると、対盤でなんか見たことある気がすると思った麺について終わってから調べると、大体1つか酷いときは3つくらい前の盤を見てたりする。今日も何人かいた。興味なかった麺でもなんとなーく気付くから後でびっくり。200盤以上見てるから当然なんだろうけど。興味なくても覚えてたりするんだなと。

やっぱり対盤好き。ワンマンも行く盤については対盤だと、暴れ曲目当てじゃないと燃焼具合に若干の物足りなさを感じることもあるけど、ただ純粋に箱の空気を感じたくて、学生の頃から日にちだけ決めてふと対盤に行ったりもする。

例えば7バンド出るんだったら、チケ確保の段階で1つか2つは対盤で見たいなと思うバンドで、そこに楽しかったなーって思えるバンドが1つか2つあれば、元取れたと思うタチなので。チケ代が3,500円だったら、1バンド当たり1コインで、2バンドの価値が1,000円以上に感じたら、個人的にはその日の目標達成。ほら、だって5曲入りのミニアルバムなの価値を感じたらお釣りがくるじゃん。むしろその2バンド分でかなり満足して、目当てが残ってなければ、半分見たら帰る。あとはその箱自体が好きな場合が多いから、その1コインを肴にガンガンお酒を煽って、お金を落として行く。物販じゃなくて箱に。

あと、界隈の集客がある程度落ち着いてきてしまったのもあって、フリもここ最近はあんまり変わらないよね。手扇子がキレのある感じになったのと、両手で手首くるって返すの(ハート飛ばさないやつ)を入れ込むようになったくらい。ギターソロがキラキラじゃなくなったのを超える衝撃はない。麺が作って動画あげてるのじゃなくて、ギャが付けたガチガチの細かいフリのある盤が見たい。こっち戻ってきて高校時代からのギャの友人にも再会したりしてるから、新しいマイナー探りも再開しようかなと思うついこの頃。

公務員の日常と非日常

一足先に連休突入。
相変わらず執行もされつつ、俳優某くんの主演映画の公開初日挨拶にも行ってきた。こじつけるならどちらも公務員の話。(※タイトルが紛らわしいけど、わたしが公務員という話ではない。社会人になってからずっと民間勤務である。)
大方の感想は完成披露会の時と同じ。

romanticizm.hatenablog.com

2回観てこんなところにちょこちょこネタが仕込まれてたんだなと思ったりはした。お父さんもぴょんって寝癖付いてたり、ダンスシーンで着崩しが酷くなっていくところとか。なんで靴下ちゃんと履かないの。パンプスソックスでたまにああなることあるけど。

そして、この作品のテーマソングはいつ音源化するのかな!!!待ってる。待っている。

昔そのまた前にバンドがテーマの舞台があって、音源化した作詞曲があったけど、1回聴いてそっとCDラックしまった過去がある。ので、普通に歌えてるのレベルで盛大な拍手したくなる。俳優某くんについてはその伸び代を好きになったから、演技以外の部分(ダンスとか、歌とか)に対しては、求めるハードルが低いんだ。

あと共演者のアイドルちゃんがとてもとてもかわいかっっった。共演イベントの拝見するタイミング次第でかなり体型が結構変わるお嬢さんなので、いつも目当てを差し置いて勝手にヒヤヒヤしてるんだけど、今回はかわいくてかわいくて。ほっこり。
あと完成披露会の時は大量にいらっしゃってたファンのお兄さん方が、今日はそんなにいなかったのも気になった。前の方にいて目につかなかったかもというのもあるんだけど、チケ発の時点でいつもと違ってすんなり取れたから拍子抜け。たまにある違う界隈との邂逅も楽しみのひとつだったりする。

今月だけで色んな映画館に行ってるのに、今年に入ってから映画館では2作品しか観てないの狂気の沙汰でしかない。新しくて設備と音響が抜群に綺麗なのもあってTOHOシネマズ日比谷がお気に入り。

季節外れの花見

沼の話をする。昔浸かっていた沼に、新しい花が咲いていたとする。存在を知ってはいたものの、今年は特に旬だと聞いて「お花見」したら、ズドン。

既に複数回「執行」されている。

いや、良いね。かっこいいね。うん。一体なんなの。最高じゃん。アドレナリンちょういっぱいでる。罪な男である。日本に生まれて良かった(ありがちな最もつまらない感想)。こちらからの感想は以上です。

いや、アニメ1話からリアルタイムで観てたけれども。何なら初めて買った単行本がこの作品だけれども。中学生くらいで最新刊買わなくなって、実家に何巻まであったっけ?と思い出せないくらい昔の記憶を総動員して、関連話と映画と原作とアニメを数日で狂ったように網羅して、臨んだ。子供の頃と違って、こっちの物理的にも重いから撒き餌されると深みにはまるやつ。

ハマり方がすごくて、友人たちにはまさかここまで急に落ちるとは、と言われているところ。全ては新年度で担当業務の追加によるストレスフルな毎日が原因なんだけど。現実逃避によるストレス解消。期間限定の「お花見」だから、2次元どっぷりに戻ることはきっとないけど、次から次に連動企画等々に誘ってくれるから友人たちには感謝してる。博物館企画とか謎解きゲームとか色々あるんだね。2次元の方からの3次元への歩み寄り、というか手を拱いてる感じがすごい。乗っかりましょう、金はあるぞ社会人!

観劇と比較するのは違うけど、映画って安くて課金するには精神的にも物理的にも楽で良いね。ただ、ここ数年は毎年20-30本の映画を観てるけど、完成披露会とか、国際線の中とか、部屋で肴と一緒にとかだから、そもそも映画館における前売り券の使い方とは???ってなったのも事実。面倒くさがりだから、つい座席指定のために定価で買って、時間ギリギリに行くことを選んでしまう。余程の理由がないと、わざわざ数日前か当日事前に映画館行くのが億劫な駄目な大人である。

映画の方もあと2,3回は行こうと思っている。
連休中の学生たち追い上げと、1週間で既に7回以上観ている猛者がいるとお見受けするので、上映期間が1ヶ月あれば10Bは余裕じゃないかな。回数重ねて上映期間延びるなら微力ながら頑張るので、お願い、配給さんと制作さん。

連休が2週間弱あって、国外逃亡、ライブ、観劇とバタバタするけど、合間合間に映画館行こう。

線か面でお願いしたい

原石ショー観てきた。
数年ぶりのあの子と、5年ぶりのあの人を観に*1。彼らは良かった。相変わらずの安定感。歌って踊って上手く煽って器用の塊だなあと。テーマ曲っぽいダンスだと基本的に前列にいるので、眼福。あんな風に自分もダンスの表現ができたら楽しいだろうなという気持ちにしてくれる。色んなジャンルのダンスが見られて楽しかった。

 

 

※以下、この作品全体が「楽しかった」という方とは相容れない内容だと思うので、自己責任で読んでいただきたい。

 

 

 


作品に対して事前に期待すると、結構な割合でがっかりするんだけど、期待値以上にそもそも作品に対して合う合わないがあるなあと今回ばかりは実感した。まあ単に自分がターゲット層ではなかったんだと思う。
個々の出演者の「動き」や「歌」に関する能力は高くて、個々のダンスシーンにはとても惹きつけられる。し、役者が体張ってるなあというのも感じた。でもそこに作品としての繋がりを一切求めたのがいけなかった。点をものすごくいっぱい広げて「これが宇宙です!」と言われる感じ。そのことを全然知らなくて、終わって精神的にぐったりしてしまった。確かに点である「星」は綺麗なんだけど、作品を通してたくさんの点ではなくて、線や面がみたかった。
端的に言うなら、高い、長い、疲れた。日替わりシーンがただただ長くてぐだぐだでつまらないのと、2幕で1幕のリミックスが始まった瞬間に帰りたいと思った。なぜTシャツ姿で同じ曲を演者全員で歌うのかさっぱり理解が出来ず…。

あとは正直なところ始まる前からこう、客層がなんだか違うなと違和感があった。作品を観てその直感が当たってしまったことへの衝撃も大きい。座席から周りを見渡す限りもっさりもっさりしていて呆然としていた。あれだけ若手俳優しか出なくて、若手俳優好きです!みたいな所謂だったり、おっ!と思うような素敵な人が1割もいない現場とか2.5作品以外でもあるんだなと。自分のことを棚に上げてもっさりとか言って申し訳ないけど、せめてもで身なりは整えていくので。自己満だとしても好きな俳優が出る作品には着飾って行きたくな、い…?

俳優某くんが出てても毎年1本は観て後悔する作品があるんだけど、まさかこの作品でこんなに自分が悶々すると思わなかったからびっくりした。

*1:俳優某くん絡みで昔舞台とかイベントとか行ってた