Romanticism

バンギャと若手俳優追っかけと二足のわらじ

はじめに

本ブログをご覧いただきありがとうございます。

趣味や関心のあることを好き勝手語るために開設しました。お化粧バンドの音楽、舞台、俳優関連などが多くなるかと。語りの具体的な対象については、ある程度の秘匿性を保っていければと考えています。たまにわかりやすいこともあると思いますが、それも含めて想像していただければ。

 

■書き手

 

まいこ

東京出身 20代会社員

2017年9月まで 仕事で東海、近畿で各複数年勤務

2017年10月より 転職で首都圏在住に戻った

学生時代からバンギャル、そして若手俳優の追っかけ。地方から通うことになってた数年間は、重心がどのジャンルにあるか不明だった。

新卒で入ったみんな知ってる日系メーカーから、世界がみんな知ってる日系メーカーに転職。ぶれず大企業病の総合職。前職では趣味があるからという裏の理由で海外駐在を断っていたら、毎月海外出張に行かされていた。現職は上司が外国人。アジアが好き。

 

■語りの対象

 V系バンド

基本的には下手麺が好き。

好きな箱は、高田馬場AREAとO-EAST

キャリアの長いバンドと、昔好きだったり通っていて活休していたバンドが相次いで復活しているここ最近。定期的に通ってるのが数バンド。今旬のバンドには全然明るくないけど、突然ドマイナーの対盤にふらっと行ってみたりする。

ネオヴィジュアル系という言葉がメディアに創出され(そして一瞬で消え)る少し前から、その界隈に片足を突っ込み始めて、既に干支が1周以上まわった、らしい。ギターソロが咲きの変形ではなくて、キラキラの時代から。

いわゆるところのおバンギャ。若くないので、後方でお酒を飲んでからじゃないとエンジンがかからない。そして終わってからも飲む。ひたすら飲む。ライブに行くために飲むの?飲むためにライブに行くの?

あとライブの時に某事務所の社長を見つけるのが得意。

 

若手俳優 

romanticizm.hatenablog.com

おっかけてるタメの若手俳優がひとり。出てない作品もたまーに観に行ったりするけど、掛け持ちなし。

ラケット持って歌って踊る1stでデビュー。でもほぼ試合はしてない。大手事務所所属で映画にも出るけど、仕事は比較的舞台が中心。今もそこそこの頻度で仕事してるから安心。

通い始めてもう10年経った、らしい。出演舞台はよほどの理由がなければ、3回は観に行くようにしてる。

「推し」という言葉をじぶんじしんがその人に対して使うことに違和感があるから、何と表現するか悩んでいる。

 

◼︎お題箱

まいこへのお題箱

設置してみました。気軽にぽいっと投げてください。

 ※随時加筆編集します(最終更新日:2018.12.23)

人魚にはなれない

星組「霧深きエルベのほとり/ESTRELLAS」観劇。

エルベ、終わり方が好き。とても切ないけど、カールがその心を隠すから、ただ悲しいだけで終わらない。結局誰も悪くなかったんだよねと救われる。カールと、とりあえずフロリアンにも幸あれ。ちょういいおとこ。恋はビールのように消えるけど、きっと想いは彼らの消えないんだなって。だからカモメに頼む。うわ、泣けるやつ。
紅さん、役柄ぴったり。たまに台詞が聞き取りにくいなと思ったりもしたけど、カールの役どころを考えるとあんな感じかなって。ビール祭りだし。本当の雑さではないんだけど、カールとしては雑味が感じられる方が、細かい含んだ演技で観るよりも切なさが際立って良いんだろうなと思った。いやそれにしても脚が長い。脚。美しい長身。
あーちゃんさん、本当に可愛い。外部広告の写真とか、「はぁ〜、かわいい可愛い。かわいいは正義」と思わせてくれる。ただ、その外見で過剰に期待してしまったのか、役作りというか発声が…正直に、苦手だった。歌声だと、上手い下手はさておき、声質自体は苦手じゃなかったので、あ、この役作りがか、と。家出娘とはいえ、ただの世間知らずではなく、思うところがあって家出したのだから、ぶりっ子っぽい感じじゃなくて良いのでは、なんて。でもやっぱりかわいい。

やはり1本物の方が好きかも。ショーはとにかく目まぐるしかった。寄せ集め感がすごくて、終わってから芝居の余韻に浸る元気がなくなるくらいには疲れてしまった。J-POPを詰め込みじゃないとだめなの…?踊りに集中したいのに、中途半端に歌詞が入ってきてしまってイマイチ集中出来ず。そもそも選曲が大半好きではなかったのが大きいということにしておこうかな。もっと良い曲があるだろうに、なぜ今おれんじれんじなのか。客層的を考えても意外性どころか全然ピンと来な、い。

そんな中でもK-POPでの振付のかっこよさは素敵だった。集中して観られた。タカラヅカらしくはないのだろうけれども。あと娘役さんだけの歌なし曲も良かった。黒髪ショートかわいい。やっぱりかわいい。ほわほわ笑顔からたまに強気な表情するのがたまらん。そして紅さんがでれってした表情で見つめるのとか大好物である。

あと客降り。笑顔がまぶしすぎた。実は今回5列目以内で観劇していたので、見ると確実に目を合わせてくれるのに動揺しかしてなかった。すぐ近くに生徒さんがいらっしゃるのき、センターばかり観ているのも失礼かなと思いつつ、基礎知識がないので、内心は完全に「この生徒さんはどなた???」と焦る焦る。俳優某くんのときは、真横に誰がいようと関係ないひどい客っぷりを発揮するのだけれど、ご贔屓が定まらない状態なので、とりあえずあわあわ。

次のタカラヅカ観劇は、月組でムラに行く予定。7年ぶり。楽しみだ。3組観たので、折返し。

雨降る遊園地

こつこつ小屋通い。
初めて観た日は、意地を張って泣きたくないと思ったのに、堪えきれず。結局あの台詞とあの台詞で泣かされるなら、上手く泣きたいと思い始めたのが数回目。

俳優某くんの舞台に通ってる。
仕事のバタバタは見ないふりして、可能なときはしれっとFLEX。観劇しているとき、近くに「啜り泣き妖怪」がいると、ものすごく気になってしまうので、自分はなるべく普段泣かないようにするか、少なくとも鼻はすすらない泣き方をするようにしているんだけれど、耐えても耐えても毎回最終的には涙が顔をつたう。今回はチケ確保が楽で、そこそこの確率で最前で入っているし、通常運転で俳優某くんガン見なので、より一層泣きたくない。のに、泣かされてとても悔しい。むしろこの作品を通して、化粧が崩れないように、かつ啜らずに泣くスキルを深化したことに感謝するべきなのかもしれない。

お芝居としては、Wキャストの役を模して自分の役を演じるというシーンがあって、公演によって真似するキャストが2パターンあるのだけれど、その部分がとても好き。個人的には真似する役はAパターンが好み。体全体の動きは流石に本役さんが素晴らしいのだけれど、部分的に見ると、指の動きがご本人より滑らかに見える。あと、本役の方が床に這いつくばってる時の細かい動きも好き。ついそちらが気になってしまったりもする。Wキャストといっても、そもそもの背格好や年齢、性別も違うから、それぞれのパターンで全然違って見える。あの役はAパターン、この役はBパターンが良いなとか色々楽しめる。

もう公演も2週目入ったし、ネタバレしても良いかなと思うので、毎回絶対に涙が耐えられない台詞をメモ。多分こんな感じ。だったはず。
悲しむことはないよ
俺は絶対また君を好きになる
雨の降る遊園地で
 
この作品を観る度に、対盤で見たんだかなんだか某盤でそんな感じの曲あったなあと思い出すので、改めて探して聞いた。ら、曲名じゃなくて、歌詞で連想ゲームしてた。乗り物もジェットコースターではなかった。でも結び付くと思う。雨と遊園地。

作品の中で、誰よりも無力で頼りないのに、相手にただ真っ直ぐ愛を注げたり、与えられた優しさに素直に感謝出来るそれ自体が「特異」な存在だった。自分の弱さや個人の他人に見せたくない部分の存在を認めながら、自分の出来る範囲の中での最善や最良を貫き通せるのは、もしかしたら誰よりも「強い」のかもしれない。だからこそ、最後に相手の決断もすんなり受け入れる。でも諦めない。そんな姿に自然と涙が出てくる。

お部屋訪問の感想も書こうと思ったけど、家主さんとお部屋でお話ししたことは「お友達だけの内緒」と約束したのと、この公演期間中、手紙すら書けてないから、取り急ぎ楽が来る前に感想を書き逃げ。

孤独と音楽

雪組「ファントム」観劇。
予定にはなかったのだけれど、色々あって急遽週末は日比谷へ。やっぱり2階前列見やすい。座席に選択肢がある時は、あれくらいの距離がちょうど良いかも。とか言って、来月あたりやっぱ近い方が迫力があって最高〜!とか言ってたら笑ってほしい。星組は結構前で観る予定だったりする。

そして感想。歌が!!!歌が素晴らしい。
事前情報はあったにしても、トップコンビの抜群の歌唱力には圧倒された。もうずーっとエリックとクリスティーヌのレッスンシーンでも良いもの。耳が、耳が幸せ。あそこまでの歌唱力でトップコンビが降臨していると、耳が肥えて上手いの基準が上がってしまうわ!
天使の歌声と言われると、普通ちょっと笑いたくなるけど、「そうですね!そう思います!!!」と何度も全力で頷きたくなる。何よりすごいなと思ったのは、歌が上手い人が「歌が上手くなっていく過程の歌い方ができる」ということ。Melodie De ParisとThe Bistroの中でヒロインパートに同じ歌詞があるのに、雰囲気が違う。上手く表現できないけど、歌で役自体の成長を演じてた。そして高音が美しい。女性の高音ってキンキンして聞こえるから苦手なんだけれど、全くそれを感じなくて、終始心地良かった。ここが天国。
トップさんも前述の通りもちろん歌も素敵なんだけれど(初っ端からHear My Tragic Taleで射止められている)、同じくらい自然な芝居が印象的だった。ただ子どものように愛を求める姿と倫理観念がない部分を自然に共存出来る演技がすごい。観客でいようと努めていても、気付いたらエリックに感情移入しているから、クリスティーヌの行動の理解が出来なくて本気で憤ってしまう。愛せると思ったのになぜ逃げてしまうのか。
ダンスはクラシック調を想像していたら、現代的なピシッとした感じの振り付けも多くて意外だった。意外な方が後々まで印象に残るし、クセになる。
あ、あとエリックに1つだけツッコミたいことがあったんだ。貴方、随分ワードローブ派手ね。地下でひっそり生きてきた割によそ行き加減全開なのと、クリスティーヌに逃げられた後に着替えてるのは、流石に笑っていいんだよね?紺のキラキラが1番好みで、青と紫のセットアップも好きで、緑のは許容範囲、赤いのは、赤いのだけは同色のロングブーツとの組み合わせでOh...てなった。

宝塚、深くて面白い。
実は、年末に友の会の入会申し込みしてまして。ようやくカードも届いて、今月から会員に。お友達になってくれない、というのは目にしていたから、覚悟しつつ。申し込みして結果出てるのは少ないものの、確かに他ジャンルFCを複数掛け持ちしていた身からすると、公式FCとは?と言いたくもなる打率の低さかも。一方で、先行の頻度の多さには驚いた。毎月こんなに抽選してくれるの?申し込んでそわそわ、結果見てしょんぼり、と一喜一憂している。節目節目で自分の当選確率出すのも面白いかな、なんて。プレイガイド等の先行も合わせると、宝塚ファンの皆様は、毎月とてもお忙しいということはよく理解した。一応、各種先行と交換を駆使すれば、本公演については、本気出せば遠征なしでも自力で取れるかな?という印象。当たる席にもよるのだろうけれども。そのうちゆるっと結果まとめよう。

年明けから2月半ばまで、毎週観劇やら参戦の予定を入れられていて良いペース。

憧れのあの街

月組を観に有楽町へ。
国フォ自体がとてもひさしぶり。調べたら最後に来たのはKぽっぷの長男ソロだった。何年前だろう。ライブでしか来ないけれど、音響良いから好き。

宝塚については、一通り観てから自分の中で色んな絞り込みをしようと思っているので、健忘録も兼ねてしばらくは作品名も明記していこうかと。公演時期で組はすぐ分かるし、お化粧バンドや俳優某くんのようにぼやかすほどの知識もないので。今年中に全組観られると良いのだけれども。

本題。「ON THE TOWN」満足度高い。
自分に下地がない分、期待を裏切られることのない満足感もあるけれど、とにかく素直にワクワクする3時間だった。開演前にパンフ買うか悩んで買わずに着席して、一幕の間「買う?買わない?欲しい、でもそこまでハマる?」と自問自答しながら、幕間に急いでエスカレーター降りてる自分がいた。ボリュームもさることながら、稽古中の写真が多いのずるいよね〜〜。読み込めてないけど、バレエの発表会パンフみたいな感じも懐かしくて好き。もちろん自分は出てないのに、そわそわしちゃう。(クラシックバレエを7年強習っていた)

衣装が可愛い、カワイイ、最高にかわいい。ドレスの配色が良い。娘役だけで踊ってる時はカラフルなのに、カップルダンスになるとペアごとの調和が美しかったり。ただただはぁぁぁ〜〜、最高!とひれ伏してた。集合体の時が秀逸。ボールドルックではなかったし、全体としても時代背景を感じない作品になっていたけど、本来的には1940年代アメリカだとクレア・マッカーデルとかかな。似合わないけどかわいいよねぇ。

あと映像演出も好みだった。映像偏重作品に酔ってしまったので、真っ向面から芝居勝負の作品だったり大道具の少ない作品の方が好きなんだけれど、これまたバランスが取れてて煌びやかで素敵だった。ああいうの観ると、とびっきりオシャレして行きたくなる。自己満足で何が悪いの?って。もちろんライブも舞台もそうだけど、より自分自身に集中出来るというか。上手く伝えられない!

ゲイビーのヘタレ加減、好き!!!
トップスターだからと言って必ずしも左側に来るわけじゃないということを端的につぶやいてらっしゃる方がいて、帰りの電車でいいね100回押したい気持ちになっていた。(こっそり引用させていただきます。問題あるようでしたら教えてください。)

何が起こってるのか何回か瞬きした。全部シースルーのせいだ。

クレッシェンドがいい

仕事始めより先におしごとはじめ。
まだ働いてなくて申し訳ない。今週半ばには社会復帰するから。半月以上休みだと持て余すかもと思っていたものの、年末年始感は2日半くらいで、充実した連休になった。海外旅行も成田でバッグドロップした時にビジネスクラスに無償でグレードアップされたり、マリンスポーツをたくさんしつつ、ゆっくりも出来て良かった。数年前から海外ホテルは絶対に4つ星以上と決めていて、今回は5つ星でも良い部屋を取ったから贅沢し尽くした〜。

話が逸れたけど、俳優某くんの劇の話。
可もなく不可もなく。細かい感想は今月中に渡せるタイミングで手紙に書くので、ここで特出すべき点はなし。こういう企画もあるよね。これに通わないといけないとなると個人的には結構キツイものがあるから、1公演のみの出演でそれが良かったかも。設定と演出の必然性をあまり感じなくて、どうにかそれを見出そうと思って観ていたんだけど、みつけられず。それぞれに決定的な伏線があるわけでもなくふわーっと終わった感じ。小難しい話を求めてるわけでもないし、こじつけで結びつけたいわけでもないから、考えることをそっと放棄した。結果、お腹が空いた。終演時間が遅いから空腹を耐え忍んで夜を明かしたよね。ただの飯テロか。あれは飯テロだったのか。

前方席特典については、大盤振舞いでありがたいけれども、少なからず困惑した。席保証だけで良いのに。今まで言い方は悪いけど、お情け程度の特典しか知らなかったから、正直期待もしていないところにそれぞれサイン入りはちょっと恐縮した。わたしも出来る範囲で交換しながら、他の役者さんに対して少しの後ろめたさが。その場で物々交換するのがせめてもの罪悪感緩和の術で、手元に残ったものもしまい込むだけで捨てたり売ったりもしないけど、ファンの方には価値があるものを、自分が持ってても大切にできなくて何だか申し訳ない。当日の交換募集に俳優某くん希望が多くて、ここ数年のチケ発の余裕加減と比例しなくてひたすらびっくりしてたんだけれども、最終的に他の方は別日程もあるからと納得することにした。絶対数じゃなくて相対的に濃くなるよね。
 
俳優某くん関係での次回は、恒例のエンターテイナーのお部屋訪問。
その前に何個か観劇参戦が入っているバタバタで、ただの雑記になってしまったけれども、年明けの勢いを下期まで保って、デビュー11年目を走り抜けてくれると信じてる。
今年もよろしくお願いいたします!

2018年趣味振り返り

例のごとく早めに仕事納めしたので、これから南国へ。日本寒いんだもの。

今年の年末年始は18連休。半分海外、半分国内の予定。来週も出社するらしい他部署にはうちの組織は「外国だね」と言われるけど、普段有給使いにくいかつ、そもそもグローバル組織だから仕方ない。

そしてさくっと今年の振り返り!これのupdate版。

 総括

f:id:romanticizm:20181223132142p:plainf:id:romanticizm:20181223132059p:plain

合計: 34本
内訳: 舞台10作品17公演、ライブ13本、イベント4本

基本情報

20代会社員 首都圏在住
土日観劇参戦ばかり。
平日はかなり計画的に、ここぞというときだけ。
コアタイムなしのフレックス勤務なので、どうにかすれば時間に融通効くけど、出張が突然決まったり、時間の遅い海外との打合せもあったりで、平日は余程のことがない限り趣味に費やせない
 

分析

f:id:romanticizm:20181223132130p:plainf:id:romanticizm:20181223132149p:plain

金額としては年間合計36万。去年と比べると6割程度。
やっぱり地方から通ってたときの新幹線代が大きいなあ。首都圏戻ってきて本当に良かった。今年は出張で西へ東へ飛び回っていた割に、趣味では全然遠征しなかった。しかもその出張ついでに遠征を組み込んだりしてたから、実質長距離移動の交通費がかかっていないというのもある。
あと、下期に俳優某くんが全然、全っ然!仕事がなくて、ふらっと箱に飲みに行ったりもした。都内の箱でライブ観てライブ前後に飲むくらいなら、舞台より大分安くあがる。感覚的には全然使ってない印象なのに、貯蓄があまり増えない理由は考えないようにしたい。(間違いなく服装品、固定費に等しい美容関連費用と、度重なるハイシーズンの海外旅行のせい)
 

所感

今年は大好きな作品の再演だったり、高校時代から追っかけてる盤の数年ぶりツアーに行ったり、新しいジャンルに足突っ込みかけたり、充実した年だったなあと。満足度>総額の印象が強い。
俳優某くん関連の作品については、個別に感想書いてるから割愛するとして、観劇関連だと閉館が発表された神戸の某劇場にも某彼の演出作品で見納め出来て良かった。かなり好きな地方の小屋だったから、残念。あそこの椅子が好き。どうやら一応劇場としては続ける方針があるとのことらしいので、再開館に期待。
バンド関係では、ツアー参戦した盤より少し短い年月追いかけてた盤が解散したりもしたけど、寂しさより時代の波に乗れないとこうなるのかと実感させられた。個人的には懐かしいノリのままでとても楽しかったんだけど、ね。実力差があるにせよ、同じように活動再開して、自分たちがやりたいことやりながらも着実に新しいファンつけてる盤もいたりで、長く同じジャンルみてるって面白いなと。もちろんファンとしてはどちらも当事者なんだけど、動員が付くかどうか客観的に見るのが楽しくてギャを辞められないのもある。
そして今年は数年ぶりにも関わらず突然遠征に誘って来てくれたギャの友人にも感謝!そこから会う頻度が上がって、一緒に観た新しいネタ盤にもハマれたし、新しいジャンルも同じテンションで足突っ込めそうだから楽しかったし、これからも楽しみ。
年明けからは手元に9枚チケットがあって、2019年も前半は好調の見込み。そして、まずは全組観たい歌劇関連もそこそこ注力してチケット確保しにいこうかなと思ってる。過去にないくらいチケ取りが大変で驚いてる。いつもいかにチケ発で楽しているか身にしみた。
年初めは俳優某くんのお仕事。
 
というか、これまとめてて気付いたけど、俳優某くんのお仕事見るようになって10年経ってい、る???時が経つのは早くて嫌になっちゃうね。10年から先はもう5年前がついこの間のように感じるから怖いんだ。ということでどうも締まらないけれど、良いお年を!